外国株JDRは、外国株式の日本国内における円滑な流通を図るための仕組みです。
JDR形式で日本に上場する外国株式は、国内株式と同様に売買することが可能です。

外国株JDRとは

  • 外国の企業が発行する株式を信託財産として日本国内で発行される、受益証券発行信託の受益証券です。
  • 国内の証券取引所に上場されます。

外国株JDRのメリット

  • JDRは内国証券扱いとなるため、投資家様の利便性が高まります。
    - 全国の証券会社を通じて売買可能(信用取引も多くの証券会社で対応)
    - 特定口座の取引対象となり、外国証券取引口座の開設も不要
    - 日本円による決済・分配金受け取り(外国為替手数料は不要)
    - 税制も国内株式と同様

【スキーム概要】

①委託者が、外国株式(原資産)を調達
②委託者は取得した外国株式を受託者に拠出
③受託者がJDRを発行
④発行された外国株JDRは、国内証券取引所に上場され、売買

三菱UFJ信託銀行におけるJDR業務

スキームの構築、信託財産の管理、JDRの発行、JDRの分配金の計算及び支払い 等