• English

発行者様向け

  • ETF-JDRとは
  • ETN-JDRとは
  • 外国株JDRとは

ETN-JDRは、ETNの日本国内における円滑な流通を図るための仕組みです。
JDR形式で日本に上場するETNは、国内株式と同様に売買することが可能です。

ETN-JDRとは

  • ETNを信託財産として日本国内で発行される、受益証券発行信託の受益証券です。
  • 国内の証券取引所に上場されます。
  • 日本では現状、ETNを直接上場する制度はありませんが、信託の転換機能によりETNを一般のETFと同様に取引できるようにしたものです。
  • JDR(上場信託)は「Japanese Depositary Receipt」の略称であり、ADR(米国預託証券)等と類似したスキームであることから、「日本版預託証券」とも言われます。

ETN-JDRのメリット

  • ETNは裏付けとなる資産の保有が不要であり、従来組成が困難であった指標でも組成の可能性が広がります。
  • JDRは内国証券扱いとなるため、投資家様の利便性が高まります。
    • - 全国の証券会社を通じて売買可能(信用取引も多くの証券会社で対応)
    • - 特定口座の取引対象となり、外国証券取引口座の開設も不要
    • - 日本円による決済・分配金受け取り(外国為替手数料は不要)
    • - 税制も国内株式と同様
    • - 発行者に対して、特定指標に連動する価額とほぼ等価での償還・買取請求が可能

ETN-JDRスキーム図

【スキーム概要】

  • @委託者が、ETN(原資産)を海外証券取引所等から調達
  • A委託者は取得したETNを受託者に拠出
  • B受託者がJDRを発行
  • C発行されたETN-JDRは、国内証券取引所に上場され、売買

三菱UFJ信託銀行におけるJDR業務

スキームの構築、信託財産の管理、JDRの発行、JDRの分配金の計算及び支払い 等

連絡先

【ご注意ください】

  • 当社は、上場信託(JDR)業務における受託者としての業務を行っています。

  • 本サイトにおける「本邦初」とは、日本で初めてETF/ETFを受託財産とした上場受益証券発行信託に係る業務の取扱を開始したことを言います。(2013年2月27日現在公表ベース。三菱UFJ信託銀行調べ)。
  • 上場信託(JDR)は金融商品取引所に上場されている商品であり、購入・売却等のお取引・お手続き等、当社(店頭窓口およびインターネットバンキング等いずれにおいても)では一切お取扱しておりません。最寄の取扱第一種金融商品取引業者(証券会社)にお問い合わせ下さい。

  • 本サイトは、上場信託(JDR)の受益権を保有する受益者に対する、当社の上場信託(JDR)業務に係る情報の提供を目的としたものであり、特定の金融商品等の取得・勧誘を行うものではありません。

  • 本サイトは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

  • 本サイト掲載の数値・グラフ等は過去の実績・状況であり、将来の市場環境・運用成果等を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりませんので、最終的な投資成果を示すものではありません。

  • 本サイトの内容は作成基準時点のものであり、その以後予告無く変更または廃止される場合があります。また、この資料に掲載されている情報の作成には万全を期していますが、当該情報の完全性を保証するものではありません。

  • 当社は、本サイトに含まれる情報およびそれを利用したことにより発生するいかなる費用または損害等の一切について責任を負いません。
  • 本サイトの一切の権利は当社に属しており、目的を問わず、無断複製・転載を禁じます。

ページのTOPに戻る